【最強の盾】金投資すべき理由

投資本

平凡なサラリーマン(26歳、2年目) でも経済的な自由を目標としている、虎ヒゲ(@torahige_ji)です🐯
ご覧頂き、ありがとうございます

虎ヒゲの彼女、トラ子(@OnatsuTigers)です。

投資の勉強中🔰です!

はじめに

皆さんのアセットアロケーションには、『金』を組み込んでいますか?
Twitterでアンケートを取った結果、11人の方に回答いただきました
(誠にありがとうございます)
投票していただいた方のどなたも、金への投資はしていないようです。今回、金投資の特徴を説明するので、金投資するべきかを判断する材料にしていただければと思います!虎ヒゲ的には、ディフェンシブ資産の一角に少し金を加えるのがいいのではないかな?と思っています(↓金の長期チャート)。

※本記事は、ダン高橋さんの著書『ゴールド投資』の書評でもあります

それではいきましょう!

この記事を読んでほしい方

✅ 金投資する理由が分からない方
✅ 金投資するべきか悩んでいる方
✅ 株式だけに投資している方
スポンサーリンク

金投資するべき理由 5選

①金は暴落に強い

21年3月に起こったコロナショックにおいての下落率を比較します。

アメリカ
(ダウ)
日本
(日経225)
ビット
コイン
下落率(%) ~40 ~30 ~60 ~10
ショック前の回復にかかった期間(月) 6 8 5 1

株式市場において、最大で~40%(アメリカ)、~30%(日本)がありました。また、ビットコインも100万円から40万円と~60%も下落とあらゆるアセットが売られまくりました。しかし、金は、~10%しか落ちておりません。

また、ショック前の水準に戻る期間を比較すると、アメリカ市場では半年、日本では8か月、ビットコインでは、5か月かかっていますが、金は1か月で元の値段に回復しています。

このことから、『金は暴落に強く、回復も早い』ことが言えますね

②金は物価上昇/不況対策になる

日本に住んでいれば、インフレは実感しづらいですが、一部商品はインフレが進んでいることを体感できます。ポテトチップスの内容量は年々減っていますよね?これはインフレが進んでいることを示しています。
『お金の価値が減り、同じ100円でも少量のポテトチップスしか買えない』ということですね。

インフレ対策といえば、こういう意見もあると思います。

トラ子
トラ子

株/不動産(REIT)で物価上昇した時の対策をしているよ!

これについては、半分正解、半分不正解と言えます。インフレには2つのタイプがあり、

物価 景気 給料 物価上昇対策
一般的な
インフレーション
株、不動産で可
スタグフレーション 株、不動産では不可

上の表に、一般的なインフレーションとスタグフレーションという現象についてまとめています。

一般的なインフレーションでは、景気が良くなり、給料が増え、生産量が増え、物価が上昇するタイプです。この時は景気が良い時に起こるので、物価が上がっても給料が上がるので影響は小さいです。また、景気が良く、生産性が向上しているため、株、不動産を持っておくことで対策ができます。

一方、スタグフレーションは、景気が悪く、生産量が増えているにも関わらず、物価が上昇する現象です。スタグフレーションが起きると、景気が悪くなるので、株や不動産は下落し、物価向上の対策にはならないですね。

トラ子
トラ子

そんなことあるの?

と思いますが、日本でも実際に起きていて、1970年代のオイルショックがその典型例です。原油価格の高騰で、物価向上し、高度経済成長が終わりました。また、1978年12月にもイラン革命でもオイルショックが起こり、『有事の金』が大量に買われました。

このことから、『物価向上対策には、株や不動産(REIT)では不十分で金を持っておく必要がある』ことがわかります。

③金は有限資産である

物の値段は、需給のバランスで決まります。金は埋蔵量が限られているため、供給が非常に安定しています。したがって、需要の面のみで値段が決まるという性質があります。
厳密には、現在でも金の発掘は行われていますが、地球上の辺鄙な場所にしか存在しておらず、発掘するのは非常に困難です。

発掘済みの金 20トン
未発掘の金 5トン

上記にあるように、供給は最大で増えても最大で25%増にしかなりません。

ちなみに、私は、仕事柄工業製品として金をよく使います。こういう金は、”都市鉱山”と呼ばれる、電子製品から回収していると言われています。しかし、私の推測では50%回収できていないだろうと思っています。すなわち、供給と消費を天秤にかけるとトントンではないか?思っており、下がる心配は少ないです。
金は有限資産であり、供給量も限られています。最大でも25%の増加しか見込めません。

④金はマネーサプライの増加によって割安

③でもあったように、金の供給はほぼ固定です。一方、世界でお札は擦られまくっています。

マネーサプライとは、世の中に出回っているお金の供給量のことを言います。このマネーサプライを各中央銀行がコントロールするこおとで景気を調整しているのですが、1970年から単調に増加し続けています(縦軸:10億ドル)。


source: tradingeconomics.com

2004年に6兆ドル(~600兆円)だったのが、2020年には、20兆ドルに到達しそうです。
たった、16年で3.6倍になっていますね!

マネーサプライに対しての金価格を調べると、歴史的に2013年頃から非常に低水準です(グラフは本を見てください)。金価格(ドル) / マネーサプライ(100億ドル)は、2013年以降、0.5を下回っており、これまでの平均1に対して大きく乖離しています。

将来的に、マネーサプライの増加は止まらないでしょうし、もし、金価格(ドル) / マネーサプライが1に戻るようであれば、金の価格は2倍以上(>4000$)になります。

マネーサプライ(お金の流通量)は増加中なのに、金は割安なまま放置されている。

⑤金は5000年の歴史がある

みなさんご存知のように、金は昔から代々使われています。

エジプトのツタンカーメンだったり、装飾品などに大量に使われていますよね~。なぜ昔から使われているのでしょうか?

①見た目がキラキラしている ②化学反応せずに錆びない ことがあげられると思います。

今後も金は装飾品としての需要は維持されると思いますし、価値が激減することは考えずらいです。

金の需要を分割してみると、宝飾品50%, 投資用25%, 公的部門15%, 工業用15%に分けられるようです。内50%の需要が維持されると考えると、急激な価値の減少はなさそうです。また、中南米やインド、中国で金の購買意欲が高まっており、需要の高まりが期待できます。

オススメの購入方法

ズバリ、GLDM(金ETF)がオススメです。

GLDMとは、ステートストリートが運営する SPDR Gold MiniShares Trustという銘柄です。

最も歴史のあるGLD(経費率0.40%)と比較して、経費率0.18%と安く。また、楽天証券では、買付手数料無料銘柄に選ばれています

迷えば、GLDMにしとけば安心です。

ビットコイン(仮想通貨)はだめなのか?

トラ子
トラ子

金を買うなら、ビットコイン(仮想通貨)でいいんじゃないの?

こういう方もおられると思います。ビットコインは、デジタルゴールドと呼ばれており、コモディティ商品の1つと考えられます。しかし、ビットコインは、極めて投機的でボラティリティが大きすぎます(1日に10%はザラに動きますね…)。
また、株式市場との連動性も高く、ディフェンシブ資産にはなりえません。また、ビットコインの発行量には上限があっても、他の仮想通貨が増えれば実質的に供給量が増えてしまう点からも、長期保有のディフェンシブ資産には向いていません。

結局どうすればいいの?

これまでの情報を元に、自分で考えましょう

ということになりますが、

トラ子
トラ子

それじゃあ、わからないよ!

という方に向けて、一例を紹介します。

①ダン高橋さんは、長期投資のコモディティ枠(金だけでなくほかの貴金属や原油などを含む)に20-40%を割くべきと意見されています。
②虎ヒゲは、ウェルスナビのポートフォリオを参考にしながらアセットアロケーションの5%を金で構築しています。

 

 

 

コメント

  1. おでまゆ より:

    なるほどですね!
    金や債券は、50歳近くになってから組み入れようと思っていました(^^)
    金相場、下降気味なので買い時なのかもしれませんね・・・🤔

    • 虎ヒゲ/トラ子 虎ヒゲ より:

      おでまゆさん!返信遅れました、すみません!
      ディフェンシブ資産は、現金比率を上げると、購入する必要はないかもしれませんね!
      私の場合、現金で置いておくのはもったいないように感じてしまうので、債券や金を少しずつ買っていきます

タイトルとURLをコピーしました